glasstec VIRTUAL


リアルイベントとして2021年6月15-18日に延期が決定した国際ガラス製造・加工機材展glasstecは、当初の日程(2020年10月20-22日)にてオンライン・イベント「glasstec VIRTUAL」を開催しました。

glasstec VIRTUALはガラス業界のネットワークのプラットフォームとなり、出展者や来場者に多くの新機能を提供いたしました。glasstec VIRTUAL 3つのエリア「Conference Area(会議・フォーラムプログラム)」「Exhibition Space(出展者・新製品)」、そして「Networking Plaza(ネットワーキング/マッチメイキング)」から構成され、ガラス製造・加工分野で決定権を持つ人々のために多岐にわたるプログラムが提供されました。
 

    1. Conference Area(会議およびフォーラム・プログラム)参加無料

    glasstec VIRTUALが3日間にわたり、ガラス業界で注目の高いテーマについて専門家による講演会を開催しました。Conference や業界誌「Glass Worldwide」との協力で実施した2つのパネルディスカッション(テーマ:板ガラスと容器ガラス業界の現在の世界市場の状況)の動画は、会期終了後でも無料ご覧になります(要ログイン)。

    2. Exhibition Space(出展者と製品)

    出展者は、Exhibition Spaceにて製品のハイライトとイノベーションを発表いただけました。今回は、製品を紹介する動画の他に、30分のライブ配信のプレゼンテーション(Web Session)も実施いたしました。
    Web Sessionの動画は、会期終了後でも無料ご覧になります(要ログイン)。

     

     

    3. Networking Plaza(ネットワーキング/マッチメイキング)

    新しいマッチングツールでは、興味のある分野や詳細なフィルター機能による検索で、興味のある相手と直接コンタクトを取ることができます。(会期中のみ有効)
     

    メッセ・デュッセルドルフ・ジャパンの glasstecメディアパートナー: